スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
<< スピード2 の TK 逮捕  | トップ | 地球が静止する日 >>
スピードレーサー(ブルーレイ)


 「何のために走るのか」
どんな、だれの人生にも、どんな瞬間にも 選択は常に迫られる。

 脚本もさることながら、ウォシャウスキー兄弟らしい妥協のない映像が超高速で
レースシーンを引き立てる、 なれないと目がついていけないかも眼鏡

 F1やFーZEROとかマリオカートを知ってる人にはたまらないかもね

 「マトリックス」がコンピューターなら もちろん レースカーだね
 「カーズ」の大人版「スピードレーサー」ってかんじだね

 絵本のページをぱらぱらとめくるように、ポップアートなビジュアルが
 次々とあらわれて、それが全編を多い尽くしてて、圧倒されるの

 どんなクルマの映画をみても思うんだけど
 自動車を誕生させた国と、産業として自動車を扱った国とのギャップがあるのよね
 最近は国産車は、ちょっと高い家電みたいな扱いになってきてるけど
  誕生させた国はちょっととがうねって おもっちゃう

 興行収入はイマイチだとしても、この映画作りにたいする情熱をいつまでも
 持ち続けてほしい。 
        
 何のために映画があるのか、 なぜ観るのか  自分が何を感じるかだよねイケテル
最近みた映画 | 11:06 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 11:06 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://opencinema.jugem.jp/trackback/68